福岡で働く学生社長の日記

ビジップという会社の代表執行役社長をやっています。日々の事業活動やWebサービスへの所感を綴ります。

昨年の番組出演から今まで

ビジップ株式会社の朝舩です。

フォルダを漁っていると、昔のネット番組に出演した時の動画を見つけました。

 

合戦 KASSEN 〜博多 学生 夏の陣〜 - YouTube

 

福岡中小企業経営者協会の学生スタッフが運営している番組"TABIKOI"に出演したときのものです。テーマは福岡でインターンシップ関連事業に携わっている学生のクロストークでした。

 

この頃はベンチャーサービスの営業・マーケティング代行やセミナー企画・実施を主な活動としていました。あれから7ヵ月間が経ち、力不足から事業を形にできなかったり、今後の要となりそうな事業を立ち上げることができたり、僕の中では随分と変化がありました。

 

もちろん事業内容の変化として、2017年卒の学生向けの就職支援、企業の採用支援、長期インターンシップ推進、海外インターンシップコンサルティングなどのプロジェクトをお仕事として頂けるようになり、動画の中でご紹介した内容は今はあまり参考にならなくなりました。(笑)

 

f:id:tatsuya_asafune:20160213082405j:plain

ちなみに、株式会社地方のミカタさんの福岡戦略会議を終えた時の一枚です。就活カフェのオープンおめでとうございます!今後とも応援しています。

 

cafe.chihounomikata.com

 

▶今の事業活動はFacebookページをご覧頂ければイメージつくかもしれません

Bizship ‐ ビジップ(未来を予言する最良の方法は、自ら創造することである)

 

それに応じてメンバーもガラッと変わり、7月末には6人だったメンバーも13人まで増えました。(※最近はFacebookページでメンバーの紹介もやってます。)

 

また、1つ自分自身に納得がいかないのは、自分がどのようなプレゼンテーションをするのか、周りはどのような学生が参加するのか事前に把握し、且つこの番組が他の学生にも発信されることを知っておきながら、準備が全く足りていないところです。

今では自社のサービスを紹介するために企業に訪問するときや、学生向けのイベントに登壇する時には準備を徹底するのですが、この時はどうやらアドリブで突っ込んでいました。

 

仕事は準備が8割だと思っているので、どこまで目線を上げるかが鍵ですかね。