福岡で働く学生社長の日記

ビジップという会社の代表執行役社長をやっています。日々の事業活動やWebサービスへの所感を綴ります。

大学生の僕が長期インターンシップ事業を始めた理由

ビジップ株式会社の朝舩颯哉です。

 

昨年より学生が経営するビジップ株式会社(http://www.bizship.jp/)では、インターンシップ事業に本格的に取り組んでいます。

 

インターンシップ事業とは

インターンシップ事業とは、企業の中で働いて成果を残すことに意欲的な学生を、学生を含めたプロジェクトに取り組みたい企業にインターンシップ生として受け入れてもらい、その後に学生が6ヶ月間かけてプロジェクトを進めていくことを支援していく事業です。

 

これまで2年間、学生を中心に事業を進めてきた弊社にとっては、学生インターンシップ運営のノウハウを用いて学生とコミュニケーションを取っています。

 

ビジップ株式会社は昨年、福岡市の長期インターンシップ推進補助事業に採択され、現在は7社の企業に長期インターンシップを導入しています。

 

f:id:tatsuya_asafune:20160127021227j:plain

(博多織の製造・販売まで手掛ける株式会社岡野さんでインターンをする学生の様子)

 

インターンシップの内容として、ある企業ではスポーツ事業クラウドファンディングや新規サービスを立ち上げたり、ある企業では膨大な企業数を対象にしたマーケティングリサーチを行ったり、ある企業では新しい着物ブランドのWEBマーケティングを行ったり、多種多様なプロジェクトが動いています。

 

そもそも、なぜ大学生が長期間のインターンシップに取り組んでいるのか

事業を立ち上げた背景としては、企業の一員として力をつけたい、将来活躍したいという学生の成長意欲を発揮する機会を作りたかったからです。そして、その目的に賛同する意欲的で優秀な学生が挑戦しています。

 

2年も前の話ですが、僕は大学を休学中に海外のスタートアップで長期インターンシップをしていました。6ヶ月で散々働かせて頂き、人生のターニングポイントになったと感じていた僕は、帰国する時には当時の社長に、「在学中の使命として九州でのインターンシップ事業を立ち上げます。」と宣言したことを覚えています。

 

日本へ帰国し、大学へ復学後、当然すぐには上手くいかず、少し寄り道もありましたが昨年よりビジップ株式会社で長期インターンシップ事業を開始しました。僕が成長したいと思いインターンに挑戦したように、その環境を日本でもっともっと作りたかったからです。

f:id:tatsuya_asafune:20160127023032j:plain

(ビジップの長期インターン参加者向けの研修の様子)

 

インターンシップで何を成し遂げたいのか

この事業で成し遂げていきたいビジョンは、長期間で企業のプロジェクトに貢献できる学生を輩出することで、日本の学生のレベルアップ、長期的には経済発展にも繋げることを掲げてます。

 

当然ですが、学生の本分は勉学です。加えて、6ヶ月間のインターンシップともなると、短期インターンシップと違ってコミュニケーションの量も増えてくることに加え、様々なトラブルが起こったりします。それが九州で長期インターンシップを推進する仕組みが未だにない理由かもしれません。

 

しかし、その分、参加学生の成長が感じられる時には本当に嬉しいです。この事業で人の成長を支援する、社会に貢献すると決めたからには、後輩にもこの仕組みを繋げつつやり切る覚悟を持ちます。

 

1/30(土) 15:00-18:00 長期インターンシップ中間報告会を開催します!

6ヶ月間、参加学生とはコミュニケーションを取りプロジェクトの進捗を見ているのですが、彼らの3ヶ月の中間報告会が1/30(土)に開催されます。

 

Facebookイベントページ

【成長する!】長期インターンに興味のある学生必見!2015年度 長期インターンシップ中間報告会 | Facebook

f:id:tatsuya_asafune:20160127022206j:plain

当日はインターンシップを採用している企業の担当者の方や、インターンシップに参加している学生が参加します。席数も僅かですが、長期インターンシップに興味があるという学生は是非見に来てください!

 

長期インターンシップ事業や、その他の弊社の事業についても随時更新していきます。